カテゴリー別アーカイブ: 婚

結婚式のマナー

結婚式や披露宴のマナー

結婚式のマナー

結婚式や披露宴に招待され会場についたとき、「結婚式受付のマナーってどうだったっけ?」とか「披露宴で主賓の祝辞の前にナプキンを広げてしまった」など分かっていてもそのときになると焦って分からなくなったり、間違ってしまう経験をされる方もいらっしゃると思います。

そこでうっかり間違ってしまいそうな結婚式や披露宴でのマナーをまとめてみました。

結婚式受付のマナー

結婚式や披露宴への遅刻は、失礼にあたるので注意しましょう。会場に30分ぐらい前に着くぐらいの余裕が必要です。
受付にでは、「本日はおめでとうございます。」とお祝いの言葉と「新婦○○さんの友人の山田太郎と申します。お招きいただきましてありがとうございます。」と新郎新婦との関係と自分のフルネームをはっきりと伝え、受付係りの方が、出席者名簿をチェックしやすいように配慮するようにします。
結婚祝い金を持参している場合は、このときお渡しします。このとき、受付係りの前で袱紗(ふくさ)から祝儀袋を取り出し、袱紗の上に祝儀袋を乗せて両手で相手に差し出します。
このあと芳名帳に氏名と住所を書きます。
受付係りの方から席次表を頂いたら受付は終了します。

披露宴のマナー

披露宴が始まるまで控室で待機する場合は、友人などがいてもそこだけで盛り上がらないようにして気をつかいましょう。新郎新婦やご両親がいる場合は、お祝いの言葉をかけます。
披露宴が始まる時間になると係りの方が案内してくれます。
披露宴の入口には、新郎新婦や両家の両親が出迎えてくれますので、「おめでとうございます」と挨拶をしながら入場します。
席次表で自分の席を確認し着席するときは、両側の席の方に軽く会釈します。
そして、簡単な挨拶と新郎新婦との関係などの自己紹介をします。
披露宴が始まると最初は、主賓の祝辞などが続きますが、テーブルの食事や飲み物のほかナプキンなども手に付けないようにします。
乾杯が行われた後は、料理などを食べながら周囲の人とのおしゃべりなどを楽しみます。
他人のスピーチが始まると食事の手を休めて聞いて失礼がないようにします。
特に両側の席の方がスピーチされているときは、軽くうなずいたりして聞くとその後の場の雰囲気が良くなります。
司会者が披露宴の終宴を告げると周囲の方に挨拶をして席を立ちます。このとき記念としてメニューと席札を持ち帰るのがマナーです。
出口では、新郎新婦や両家の両親がお見送りをしてくれますので、「いい披露宴でした」などのお礼の言葉をかけて静かに退場します。

結婚式のご祝儀

結婚式のご祝儀の相場と渡し方

結婚式のご祝儀の相場と渡し方

親族や知人の結婚式に呼ばれたときに用意するご祝儀の相場や縁起の悪いとされる金額、失礼のない渡し方など気になる情報をまとめてみました。

結婚式のご祝儀の相場

結婚式のご祝儀の相場は、新郎新婦とのお付合いの度合いや年齢、親族関係、披露宴の会場や形態、披露宴の出欠の有無によって変わってきますが、結婚式のご祝儀の相場の一応の目安として下の表のようにまとめてみましたので、ご参考ください。

もし迷われるようであれば、同じような立場の知人や友人と相談して金額を決めるのも良い方法です。

結婚式のご祝儀の金額として、偶数は「割り切れる」ので縁起が悪いとされてきましたが、最近では、2万円や「末広がり」の意味で縁起が良いとされる8万円という金額も増えてきました。

ただ、縁起の悪いされる金額として「死」を連想させる4万円と「苦」を連想させる9万円は、避けたほうが良いです。

また、結婚式のご祝儀の額が決まった場合、銀行などで新札を用意するなどして準備しましょう。

 披露宴に出席する場合 披露宴に出席しない場合
 友人  2万から3万円 1万円
 同僚・上司  2万から3万円 5千円から1万円
 部下  3万円から5万円 1万円
 兄弟・姉妹  5万から10万円  5万から10万円
 いとこ  3万から5万円  1万円
 甥・姪  5万円から10万円  5万円から10万円
その他の親戚 3万円から5万円 1万円から2万円

結婚式のご祝儀の渡し方

披露宴の受付で祝儀袋のまま取り出すのは、NGです。必ず、袱紗(ふくさ)に包んだまま取り出し、受付の方の前で袱紗に乗せて両手でお渡しするのがマナーです。

結婚式の招待状

結婚式の招待状の返信と書き方

結婚式の招待状の返信

結婚式の招待状を受け取ったら、締切日にかかわらず、早めに返事をします。遅くとも一週間以内には返信用のハガキを出します。

電話などで出席の返事をした場合でも返信用のハガキは、出しましょう。

結婚式の招待状の返信締切日までに出席の返事ができない場合は、その旨を電話などで連絡し、いつごろ返事ができるか伝えます。

結婚式の招待状の返信の書き方

返信用のハガキに出欠の欄に○をつけます。
返信用のハガキは、表書きや裏書きで文字を二重線で消す際のルールとして、一文字の場合は「斜めの二重線」、二文字以上の場合「縦の二重線」で消します。

返信用のハガキの表書きの書き方

返信用のハガキの表書きは、下の例のようにあて名の下の佐藤毅「行」を斜めの二重線で消し「様」を付け加えます。
結婚式の招待状の返信の表書き

返信用のハガキの裏書きの書き方

返信用のハガキの裏書きは、自分への敬称の「御」を斜めの二重線で消し「御芳」を縦の二重線で消します。

出席のときの書き方

結婚のお祝いとお招きしていただいたお礼のメッセージなどを加えます。
結婚式の招待状の出席

欠席のときの書き方

欠席する場合は、結婚のお祝いの言葉と欠席のお詫びと理由を書き加えます。欠席の理由が弔辞や病気の場合は、縁起の事を考慮に入れ理由をぼかしたほうが無難です。
結婚式の招待状の欠席