カテゴリー別アーカイブ: 二十四節気

二十四節気

季節感豊かな二十四節気

二十四節気について

日本に中国から伝わった月の満ち欠けを利用した太陰太陽暦は、一年の長さが一定でないので、種を植える時期や水を引く時期など正確な季節を知る必要がある農業にとって使いづらいものでした。

そこで、農業などの正確に季節を知る必要がある人たちは、太陰太陽暦と同じく中国から伝わった「二十四節気」を利用するようになりました。

「二十四節気」とは、太陽の一年の周期を基準として24の基準日を設け、季節豊かな
名前をつけて四季の変化を分かるようにしたものです。

良く知られている「二十四節気」には、昼と夜の長さが同じになる春分や秋分、昼の長さが一番長くなる夏至、夜の長さがもっとも長くなる冬至などがあります。

他にも季節の挨拶である「暑中見舞い」が「残暑見舞い」に変わる立秋など生活に結びついたものが多くあり、知ってみるとなかなか面白いものがあります。

二十四節気の表

季節  二十四節気名  新暦の日付 
初春 立春  2月4日ごろ
雨水 2月19日ごろ 
仲春 啓蟄 3月6日ごろ
春分  3月21日ごろ
晩春 清明 4月5日ごろ
穀雨 4月20日ごろ
 夏 初夏 立夏  5月6日ごろ 
小満 5月21日ごろ
仲夏 芒種 6月6日ごろ
夏至 6月21日ごろ
晩夏  小暑 7月7日ごろ
大暑 7月23日ごろ
 秋 初秋  立秋  8月8日ごろ 
処暑 8月23日ごろ 
仲秋 白露 9月8日ごろ 
秋分 9月23日ごろ 
晩秋 寒露 10月8日ごろ 
霜降 10月23日ごろ 
初冬 立冬  11月8日ごろ 
小雪  11月23日ごろ 
仲冬 大雪  12月7日ごろ 
冬至  12月22日ごろ 
晩冬 小寒  1月6日ごろ 
大寒  1月20日ごろ